モアハピネス

モアハピネス

1口出資金2.8 万円
今なら残口ポイント5%付与!

  • 募集総額
  • 1,400万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 132

性別 牡馬 毛色 黒鹿毛
父馬 ホッコータルマエ 母馬 ラッキーハナチャン
母父 ネオユニヴァース 生年月日 2022/3/25
産地 浦河町 生産者 宮内牧場
育成 トゥモローファーム 管理予定
調教師
栗東・岡田 稲男

測尺


体高155cm 胸囲174cm 管囲21.0cm 体重441kg 測尺日9月11日

おすすめポイント


山上和良によるコメント
セリの価格は絶対的なものではありません。特に5日間にも及ぶサマーセールにおいては、上場の日や順番で大きく価格は変動します。セールの前に十分な下見や調査を行ない、本馬が上場されるホッコータルマエ産駒の中で最上位の馬であると認識しておりました。低価格で落札できたのは、上場番号が10番だったからです。本馬の素 晴らしさは、写真と動画を見ていただければ一目瞭然、説明は不用です。骨格、筋肉、成長力、どれを取っても一流のものを兼ね備えている馬です。

血統評論家 望田潤氏によるコメント
本馬の半兄ハイパーステージはJRA2勝(ダ1700~1800m)。母母ファンドリオボッコはJRA3勝(全てダ1400m)で、交流重賞クイーン賞に勝ったアクティビューティや、JRA5勝プリンスコウベなどを産みました。さかのぼると阪神大賞典のアリーナオーなどが出る古い在来牝系で、母ラッキーハナチャンはCosmah4×4の牝馬クロスをもちます。父ホッコータルマエはダートの大レースを勝ちまくったキングカメハメハ産駒で、兵庫チャンピオンシップのブリッツファング、スパーキングレディーCのレディバグ、JBC2歳優駿のゴライコウなどを出し、早くも有力ダート種牡馬としての地位を確固たるものとしました。ホッコータルマエ×ネオユニヴァースの配合からはダート4勝のオープン馬ピュアジャッジが出ており、ホッコータルマエもネオユニヴァースも機動力に富む産駒を出す種牡馬なので、本馬もダート中距離でのコーナリングがよく自在のレースができるタイプでしょう。成長力にも富む血統ですから、無事なら上級で長く活躍できるとみます。

歩様等動画はこちら
https://youtu.be/MvhD8auhF40

近況



  • ノースショア目黒在厩

    目黒獣医

    「軽いハッキングを続けてきましたが、多少熱感はあるものの、腫れなどは見られず、患部の経過に問題は出ていません。来週からはトラックコースで、競走姿勢に近い形でのキャンターを始めてみます。そのメニューで様子を見るのは約2〜3週間ほど。気になるところが無ければ、その後に通常調教可能なトレーニング施設のある外厩に移動させても良いかと思います。」


  • ノースショア目黒在厩

    目黒獣医

    「順調にトレーニングに取り組むことができています。先週お伝えしたように、この中間は駈歩までの騎乗運動をさせております。調教後の状態に何ら違和感がなく、メニューの強度を緩やかにする必要もありません。もう数週で改めて脚部の状態をチェックする予定にしています。このまま無事進めていきたいですね。」

動画

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ