モアハピネス

モアハピネス

1口出資金2.8 万円
今なら残口ポイント5%付与!

  • 募集総額
  • 1,400万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 132

性別 牡馬 毛色 黒鹿毛
父馬 ホッコータルマエ 母馬 ラッキーハナチャン
母父 ネオユニヴァース 生年月日 2022/3/25
産地 浦河町 生産者 宮内牧場
育成 トゥモローファーム 管理予定
調教師
栗東・岡田 稲男

測尺


体高155cm 胸囲174cm 管囲21.0cm 体重441kg 測尺日9月11日

おすすめポイント


山上和良によるコメント
セリの価格は絶対的なものではありません。特に5日間にも及ぶサマーセールにおいては、上場の日や順番で大きく価格は変動します。セールの前に十分な下見や調査を行ない、本馬が上場されるホッコータルマエ産駒の中で最上位の馬であると認識しておりました。低価格で落札できたのは、上場番号が10番だったからです。本馬の素 晴らしさは、写真と動画を見ていただければ一目瞭然、説明は不用です。骨格、筋肉、成長力、どれを取っても一流のものを兼ね備えている馬です。

血統評論家 望田潤氏によるコメント
本馬の半兄ハイパーステージはJRA2勝(ダ1700~1800m)。母母ファンドリオボッコはJRA3勝(全てダ1400m)で、交流重賞クイーン賞に勝ったアクティビューティや、JRA5勝プリンスコウベなどを産みました。さかのぼると阪神大賞典のアリーナオーなどが出る古い在来牝系で、母ラッキーハナチャンはCosmah4×4の牝馬クロスをもちます。父ホッコータルマエはダートの大レースを勝ちまくったキングカメハメハ産駒で、兵庫チャンピオンシップのブリッツファング、スパーキングレディーCのレディバグ、JBC2歳優駿のゴライコウなどを出し、早くも有力ダート種牡馬としての地位を確固たるものとしました。ホッコータルマエ×ネオユニヴァースの配合からはダート4勝のオープン馬ピュアジャッジが出ており、ホッコータルマエもネオユニヴァースも機動力に富む産駒を出す種牡馬なので、本馬もダート中距離でのコーナリングがよく自在のレースができるタイプでしょう。成長力にも富む血統ですから、無事なら上級で長く活躍できるとみます。

歩様等動画はこちら
https://youtu.be/MvhD8auhF40

近況


  • トゥモローファーム在厩

    齋藤代表

    「順調にきていましたので、昨日坂路で17-16のペースで登坂させました。ただここまでのラップになると、現状では前捌きに硬さが出てきてしまいます。トレーニングを重ねてきたことで、徐々に体つきも引き締まってきたのですが、このまま進めるとハ行しそうに感じるので、一旦ペースを落とした方がいいかもしれません。つまりスピード調教ではなく、もう少しトモ中心の動きを教え込み、前脚への負担軽減を目的としたフォームを形作るトレーニングへの移行ですね。今から1〜2週間程度はロンギ場での調整とし、様子を見ながら通常メニューに戻していくことになると思います。最近計測の馬体重は451㌔となります。」


  • トゥモローファーム在厩

    齋藤代表

    「かなり長く休んでいましたからもう少しハラハラするところがあるかと思っていたんですけど、こちらの心配をよそに、ここまで順調に進めることができていますね。熱感なども許容範囲。当然歩様の乱れなどもございません。お伝えしていた通り、坂路調教を取り入れさせていただきました。だいたいハロン17秒ぐらいの登坂です。他馬と比較して、メニューの質をかなり落としているということもなく、日々しっかりと対応してくれていますよ。とは言え、やり過ぎは禁物。まだ慎重に行うべきでしょう。脚元が気にならず、筋肉量が増えて馬体が整ってきたように見えた時点で、次の段階にシフトしていくという考えです。」


  • トゥモローファーム在厩

    齋藤代表

    「ロンギ場でハッキング程度。脚元にも違和感は出ていませんので、そろそろコースにも入れていこうと考えています。戻ってきての印象は『こんなに小さい馬だったか?』というもの。休んで筋肉が落ちたことで、そのように見えるのでしょう。やはり前向きな気持ちが足りていないですし、一応脚元のことも考えてあげる必要がありますので、もしかすると坂路から始めていく方がいいのかもしれませんね。いずれにしてもすぐに体力を取り戻そうとせず、きちっと段階を踏んでから、徐々に調教をステップアップさせていくつもりです。」

動画

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ