ボナデアの2021

ボナデアの2021

1口出資金2.6 万円
  • 募集総額
  • 1,300万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 142

性別 牡馬 毛色 鹿毛
父馬 エスポワールシチー 母馬 ボナデア
母父 ルーラーシップ 生年月日 2021/2/18
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 加藤ステーブル 管理予定
調教師
栗東・安達 昭夫

測尺


体高155cm 胸囲175cm 管囲19.5cm 体重443kg 測尺日9月13日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
エスポワールシチーはダート系種牡馬の中でも有数の能力を持っています。その筋肉は独特で、柔軟かつ強靭なものです。しかしながら骨格がコンパクトに出てしまうことが多く、大物産駒がなかなか登場していません。本馬は大きな骨格を持つ母から誕生していますので、初仔ですが素晴らしい体格に恵まれています。筋肉は父特有のものを受け継いでおり、足りないものがない良駒かと思います。まだ成長途上の馬体が完成した時、想像を絶する競走馬が姿を現すことでしょう。

血統評論家 望田潤によるコメント
母ボナデアはJRA1勝(芝1000m)。母母コンコルディアはJRA3勝で、G1阪神JF3着などオープンで活躍しました。3代母コンクラーベもJRA4勝の活躍馬で、孫にJRA5勝のオープン馬ペイシャモンシェリがいます。コンコルディアはCornish Prince5×4などフジキセキの母系の北米スピードを増幅した配合で、主として短距離を活躍の場としました。ボナデアがルーラーシップ産駒ながら短距離で勝ち上がったのも、多分にこの母の影響でしょう。父エスポワールシチーはゴールドアリュールの代表産駒で、種牡馬としてもヴァケーション、ペイシャエス、イグナイターといったJRA重賞勝ち馬を出し成功しています。本馬はエスポワールシチー産駒としてもかなり高得点がつけられる配合で、父エスポワールシチー×母父エルコンドルパサー(ルーラーシップと同じKingmambo系)×母母コンクラーベと、本馬と酷似した配合パターンのゴールドクロス(JRA現役2勝)がダートで能力をみせているのも強調材料。1800の先行型という王道のダート馬です。

近況


  • 加藤ステーブル在厩

    「週初めより騎乗運動を再開しました。元々大人しいタイプですけど、立ち上げも特に問題はありませんでした。今はまだ屋内での運動のみですが、運動後は今のところ問題なさそうですね。状態に合わせて、徐々に運動量を増やしていこうと思います。もちろん脚元のケアも引き続きしっかりやっていきます」(牧場スタッフ)

    体高156cm 胸囲178cm 管囲19.8cm 馬体重481kg


  • 屋内馬場

    先頭

    ボナデア21

    アーベントロート21


    二列目

    ストームトウショウ21

    ハッピーディレンマ21


    三列目

    クイーンハーツ21

    ウマヤノニウシ21


    最後尾

    ティザチック21

    アンティグラビティ21


  • 加藤ステーブル在厩

    「患部の張り自体は落ち着いてきていますけど、マシンでの運動後はまだ少し気になったので、この一週間もウォーキングマシンでの運動のみに留めました。状態は明らかに回復してきていますので、来週(21日の週)は騎乗して少し動かしてみようと思っています。その時の様子で今後のメニューを決めていくつもりです」(牧場スタッフ)

写真

  •  2022-12-04

動画

  •  2022-12-05

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ