ポッドルージュ19

ポッドルージュ19

1口出資金1.5 万円
  • 募集総額
  • 750万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 221

性別 牡馬 毛色 鹿
父馬 ホッコータルマエ 母馬 ポッドルージュ
母父 フレンチデピュティ 生年月日 2019/3/26
産地 新ひだか町 生産者 タツヤファーム
育成 森本スティーブル 管理予定
調教師
栗東・羽月 友彦

測尺


体高 159cm/
胸囲 177cm/
管囲 20.3cm
体重487kg/
測尺日11月2日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
ホッコータルマエ産駒は初年度から期待に違わぬ活躍を見せています。当然ダートのパワータイプが多く、本馬のその範疇に含まれております。本馬は、雄大な骨格に理想的な筋肉が付き、大きな競馬場で活躍できるダート馬の姿をしております。このタイプは、動きが重苦しく緩慢であることが多いのですが、本馬にはそのような欠点もありません。今後もかなり成長し、大型馬になりそうです。

血統評論家 望田潤によるコメント
牝祖ミユキカマダからはリトルアマポーラ、エピカリス、メイショウナルトなどが出ており、地力とスタミナに富む牝系です。そこにフレンチデピュティが配され生まれたのが母ポッドルージュで、マンハッタンカフェとヘクタープロテクターの影響で肩が立っていて掻き込んで走るので、いかにもダ1800mに向いたタイプで、南関東で34戦3勝とタフに走りました。そこに配されたのが、7歳暮までほとんど休みなく走りつづけ、ダートの大レースを勝ちまくったホッコータルマエです。現在地方競馬のファーストシーズンリーディングのトップを快走中で(全体でも3位)、勝ち馬率もアーニングインデックスも高く、ダートサイアーとして好スタートを切っています。JRAでの産駒の勝ち鞍も牡はダ1800mです。そんな両親をもつ本馬は、強いクロスをもたないアウトブリード。タフで健康で、やはりダ1800mを主戦場に、使われながらジワジワ成長し力をつけていく競走馬でしょう。

近況


  • 歩様


  • 調教(タグ番号は3214番)


  • 森本スティーブル在厩 中間も至って順調で、現在は600mダートコースと坂路コースを併用しながらしっかり乗り込まれています。運動量が増えても飼い食いが落ちることなく、順調な成長を見せています。基礎体力も着実についてきており、今後もスムーズにペースアップできそうです。 馬体重500kg(12/19計量)

写真

  •  2020-12-21

動画

  •  2020-12-21

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ