エレディターレ

エレディターレ

1口出資金1.0 万円
今なら残口ポイント20%付与!

  • 募集総額
  • 500万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 412

性別 牝馬 毛色
父馬 ギンザグリングラス 母馬 ラナチュール
母父 コンデュイット 生年月日 2019/3/23
産地 新冠町 生産者 サンローゼン
育成 カナイシスタッド 管理予定
調教師
美浦・小手川 準

測尺


体高157cm 胸囲178cm 管囲18.0cm 体重425kg 測尺日1月23日


(募集時測尺)

体高 153cm 胸囲 175cm 管囲 19.0cm 体重417kg測尺日9月3日

おすすめポイント



ギンザグリングラスオーナー 蔵内氏によるコメント
本馬の叔父のホクトスルタンはメジロマックイーン牡馬で最も活躍し、父譲りの芦毛でメジロマックイーン後継最有力として人気を集めた名馬です。 父はメジロマックイーン産駒最後の現役馬として父譲りの芦毛で中央1勝したのち種牡馬入りしたギンザグリングラス。本馬は母ラナチュールの初仔ながら父系母系の底力が表れた馬格と風格を持つ成長を見せています。ギンザグリングラス産駒の中央デビューはこの馬が最初の一頭です。またとないドラマと競馬の醍醐味を楽しませてくれるのは間違いありません。

血統評論家 望田潤によるコメント
父ギンザグリングラスはJRA1勝、南関東2勝。2~9歳まで実に109戦をタフに走りつづけました。貴重なメジロマックイーンの後継種牡馬で、日本で唯一のHerod系種牡馬でもありますが、このタフネスはアウトサイダー血脈が強いアウトブリードの賜物でしょう。母ラナチュールはJRA[0-1-1-6]。晩成の芝中距離血統だけに惜しくも勝ち上がれませんでしたが、母母ダイイチアピールは目黒記念のホクトスルタンとシンザン記念のドリームシグナルを産んだ優秀な繁殖です。牝祖ダイナフェアリーはオールカマーなど重賞5勝の活躍馬で、ここから最優秀ダートホースのルヴァンスレーヴ、川崎記念のチュウワウィザード、目黒記念のローゼンカバリー、青葉賞のサマーサスピション、秋華賞3着タガノエトワールなどが出ます。スタミナ自慢の牝系に、リアルシャダイ、コンデュイット、そしてギンザグリングラスとスタミナや持続力に富む種牡馬が代々配されており、血統からはダートもOKのステイヤー。ゆっくりとしかし着実な成長曲線を描くことでしょう。

近況


  • カナイシスタッド在厩

    中間も至って順調で、先週は屋内直線コースと屋内トラックコースを中心に乗り込んでいます。「先週はそれほどペースを上げずにじっくりと負荷をかけながら乗り込みました。走りは良くなってきましたけど、どうしても気持ちにムラがあって、集中できない場面もあるので、メンタル面の強化をしていければと思っています」と担当者。


  • 右がエレディターレ


  • カナイシスタッド在厩

    引き続き順調で、直線コースと坂路コースを中心にしっかりと乗り込まれています。「ブーケザゴールドと一緒に3頭併せで坂路を登りました。まずまずの反応で最後まで集中して走っていましたね。動きは問題ないですけど、調教前などに幼い行動を見せることが多いので、もう少し大人になってきてくれるといいんですけどね」と担当者。

写真

  •  2021-07-28

動画

  •  2021-07-28
  • 右がエレディターレ

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ