サンタテレサ19

サンタテレサ19

1口出資金2.0 万円
  • 募集総額
  • 1,000万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 208

性別 牡馬 毛色 黒鹿
父馬 シニスターミニスター 母馬 サンタテレサ
母父 ドリームジャーニー 生年月日 2019/4/17
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 グランデファーム 管理予定
調教師
栗東・浜田 多実雄

測尺


体高 156cm/
胸囲 176cm/
管囲 20cm
体重464kg/
測尺日10月31日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
母サンタテレサは、雄大な馬格と血統馬らしい気品を兼ね備えた良い馬でした。しかしその気難しい性格が活躍できなかった原因であったと思われます。本馬は初仔でありながら、大きめに出来ました。馬体的には父シニスターミニスターのテイストが強いので、短めのダートでパワーとスピードを生かした競馬をしてくれると想像しています。その中で母の優秀な遺伝子が働いてくれれば、大舞台での活躍まで見据えることもできるであろうと期待しています。

血統評論家 望田潤によるコメント
母サンタテレサはJRA2勝アルカサルの全妹にあたり、母母アビラはジェベルムーサ(エルムS)やカテドラル(アーリントンC2着,NHKマイルC3着)も産んでいる優秀な繁殖です。3代母Animatriceはマルレ賞(仏G2・芝2400m)に勝ち英オークス3着の活躍馬で、クリテリウムドサンクルー(仏G1・芝2000m)のPoligloteなども同牝系。アビラはダートの重賞勝ち馬を出しているように、デインヒルとAllegedを通じてRibotやFlower Bowl≒DetermineやWar Admiralのクロスを持ち、両者のパワーの要素をよく伝えました。そこにインカンテーション、ヤマニンアンプリメ、ゴールドクイーン、マイネルバサラなどダート重賞勝ち馬を毎年輩出するシニスターミニスターが配され、本馬もダート中距離に狙いを定めた配合といえますね。ちなみに母系にデインヒルの血を引くシニスターミニスター産駒には、交流重賞で大活躍したキングズガードがいます。

近況


  • グランデファーム在厩 今週も順調に進めることが出来ています。年内は円馬場や角馬場を中心にしっかりと基礎を作りながら進めていき、年明けから徐々にBTCへ移動し、坂路や直線走路などを使いながら乗り込んでいく予定です。 馬体重 466kg(11/21計量)


  • グランデファーム在厩 中間も元気一杯に日々のトレーニングに励んでいます。角馬場でしっかりと負荷をかけていますが、飼葉の食いが落ちることはなく、順調な成長をみせています。時折、幼いところを見せることがありますが、調教は前向きに取り組むことが出来ています。


  • グランデファーム在厩 先週と同じく、現在は角馬場で基礎トレーニングを中心に進めています。普段は性格的に多少臆病なところを見せることがありますが、騎乗時には騎乗者の指示にしっかりと従い、問題なく日々のメニューを消化しています。

写真

  •  2021-01-25

動画

  •  2020-12-21

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ