クロスレート

クロスレート

1口出資金2.0 万円
今なら残口ポイント10%付与!

  • 募集総額
  • 1,000万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 208

性別 牡馬 毛色 鹿毛
父馬 ビッグアーサー 母馬 ベストレート
母父 ゼンノロブロイ 生年月日 2022/4/14
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 グランデファーム 管理予定
調教師
栗東・羽月 友彦

測尺


体高153cm 胸囲179cm 管囲19.5cm 体重416kg 測尺日9月8日

おすすめポイント


山上和良によるコメント
父ビッグアーサーは並外れたスピード能力のある産駒をまれに輩出する一方で、安定した成績を残せるタイプの種牡馬ではありません。そういう意味で、クラブ縁の血統でありながら募集するか迷いがありました。春先までの様子では、優れたスピードを持つ雰囲気はまるでありませんでした。しかし夏を迎え、ぐんぐん馬が良くなってくる様子が伺えます。スピード能力に長けた姉たちのDNAも勘案し、一発長打を放ってくれるのではないかとの期待が芽生えてきています。

血統評論家 望田潤氏によるコメント
ラートリー、プライムレート(ともにJRA現役1勝)の半弟。母母プロモーションはG3クイーンS勝ち馬で、産駒にダービー2着アドマイヤメイン、孫にレッドヴェロシティやテンバガーなどが出ます。天皇賞・春のアドマイヤジュピタも近親で、Assert(愛ダービー、仏ダービー)の重厚なスタミナを伝える牝系です。ベストレート自身も芝2200mの未勝利戦を勝っています。父ビッグアーサーは高松宮記念の勝ち馬で、トウシンマカオ、ビッグシーザー、ブトンドールなどを出し、サクラバクシンオー系のスプリント種牡馬としての地位を確立しました。産駒のJRAでの平均勝ち距離は1236mです。このような短距離型種牡馬は中長距離型の繁殖との配合が成功しやすく、ビッグアーサーの活躍産駒をみても、トウシンマカオは母父スペシャルウィーク、ブトンドールは母父スウィフトカレントですから、血統も競走成績も中距離のベストレートとの配合は方向性としては正しいです。シニスターミニスター産駒の姉2頭はダートで勝ち上がりましたが、本馬はおそらく芝マイル以下が活躍の場となるでしょう。

歩様等動画はこちら
https://youtu.be/blEWHS0hImY

近況


  • チャンピオンヒルズ在厩

    大西厩舎長

    「これまでと同じようなメニューを消化。しっかりと基礎トレーニングを積んでいるところとなります。調教では、併せ馬の際も前を安心して走らせることができますし、様々なシーンにおいて、平常心を極端に乱してしまうようなことがありません。馬体重も470㌔をキープしている状況です。入厩までそれほど時間はかからないと思いますが、現在の進捗状況から見れば、まずはゲート試験までかなと思っています。本格的に鍛え上げていくのは、次にこちらへ戻ってきてからになるでしょうね。」



  • チャンピオンヒルズ在厩

    大西厩舎長

    「順調ですね。馬体重もかなり増えてきており、かなり成長して逞しくなってきている様子が窺えます。現在は470㌔ほどとなっていますよ。結果論ですけど、すぐにトレセンへ移動させなくて正解だったかもしれませんね。今も坂路のペースはハロン15秒ぐらい。2歳のこの時期にしては、しっかり動けている方だと思いますね。」


    羽月調教師

    「タイミングを見計らいながら、こちらに移したいと考えています。まずはゲート試験までになると思いますが、こちらに入れてからの動き次第ですね。」

動画

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ