モアハピネス

モアハピネス

1口出資金2.8 万円
今なら残口ポイント5%付与!

  • 募集総額
  • 1,400万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 132

性別 牡馬 毛色 黒鹿毛
父馬 ホッコータルマエ 母馬 ラッキーハナチャン
母父 ネオユニヴァース 生年月日 2022/3/25
産地 浦河町 生産者 宮内牧場
育成 トゥモローファーム 管理予定
調教師
栗東・岡田 稲男

測尺


体高155cm 胸囲174cm 管囲21.0cm 体重441kg 測尺日9月11日

おすすめポイント


山上和良によるコメント
セリの価格は絶対的なものではありません。特に5日間にも及ぶサマーセールにおいては、上場の日や順番で大きく価格は変動します。セールの前に十分な下見や調査を行ない、本馬が上場されるホッコータルマエ産駒の中で最上位の馬であると認識しておりました。低価格で落札できたのは、上場番号が10番だったからです。本馬の素 晴らしさは、写真と動画を見ていただければ一目瞭然、説明は不用です。骨格、筋肉、成長力、どれを取っても一流のものを兼ね備えている馬です。

血統評論家 望田潤氏によるコメント
本馬の半兄ハイパーステージはJRA2勝(ダ1700~1800m)。母母ファンドリオボッコはJRA3勝(全てダ1400m)で、交流重賞クイーン賞に勝ったアクティビューティや、JRA5勝プリンスコウベなどを産みました。さかのぼると阪神大賞典のアリーナオーなどが出る古い在来牝系で、母ラッキーハナチャンはCosmah4×4の牝馬クロスをもちます。父ホッコータルマエはダートの大レースを勝ちまくったキングカメハメハ産駒で、兵庫チャンピオンシップのブリッツファング、スパーキングレディーCのレディバグ、JBC2歳優駿のゴライコウなどを出し、早くも有力ダート種牡馬としての地位を確固たるものとしました。ホッコータルマエ×ネオユニヴァースの配合からはダート4勝のオープン馬ピュアジャッジが出ており、ホッコータルマエもネオユニヴァースも機動力に富む産駒を出す種牡馬なので、本馬もダート中距離でのコーナリングがよく自在のレースができるタイプでしょう。成長力にも富む血統ですから、無事なら上級で長く活躍できるとみます。

歩様等動画はこちら
https://youtu.be/MvhD8auhF40

近況


  • ノースショア目黒在厩

    目黒獣医

    「この中間も先週同様の調整内容となります。もちろん乗り運動後のハ行なども見られませんから、順調と言える範囲かと思います。おそらく来週中には駈歩まで進めることになるはずです。速い調教を行うまでの過程としては順調であり、プログラム上は軌道に乗ったとも言えますね。」


  • ノースショア目黒在厩

    目黒獣医

    「速歩を中心とした運動をさせていただいておりますが、今のところハ行などは見られません。もちろん運動後は多少の熱感があります。とは言え、それほど問題のない範囲です。目安としては、あと1ヶ月ほど。それまでの間、これまでと同じように軽く乗っていき、その目安となる時期に再チェック。大丈夫そうならしっかりとしたトレーニングに移行するメドがたってくると思います。」


  • ノースショア目黒在厩

    栗東・岡田厩舎 担当者様

    「まだ確定ではないものの、栗東トレセンに移動してくれば、本馬を担当させていただく予定になっております。期待馬であることを伺っておりますので、非常に楽しみです。現在は静養牧場にいるとお聞きしました。乗り運動も開始したとのことなので、早く軌道に乗ってトレーニングを進めることができればいいですね。」


    トゥモローファーム・齋藤代表

    「脚元の関係で一旦こちらを離れることになった本馬ですが、いつも気にかけています。とは言え、普段から目黒先生がしっかりと診てくれていますからね。先生の中ではある程度着地が見えているはずですし、状態の推移につきましては今後も情報を共有させていただきたいと考えています。前にも伝えましたが、仕上げが遅れたものの、同じような症状の馬をレースに向けてこちらでじっくり態勢を整えていき、デビュー後早期に勝ち上がらせることができた馬もいます。ラッキーハナチャン2022も成長力のあるタイプとして見ていましたので、先々改めて携わらせていただくことが可能なら、本馬も同じような結果が出せるようにしていきたいですね。」

動画

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ