ストームトウショウの2021

ストームトウショウの2021

1口出資金2.6 万円
  • 募集総額
  • 1,300万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 58

性別 牡馬 毛色 鹿毛
父馬 ホッコータルマエ 母馬 ストームトウショウ
母父 スターオブコジーン 生年月日 2021/2/22
産地 新ひだか町 生産者 坂本 春雄
育成 加藤ステーブル 管理予定
調教師
栗東・岡田 稲男

測尺


体高157cm 胸囲177cm 管囲20.0cm 体重462kg 測尺日9月13日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
昨年に続いて、ストームトウショウの産駒を購入しました。2020年産同様、父の良さをうまく引き出した良駒です。ホッコータルマエの産駒は、トモの筋肉が少し足りない馬が多いように感じますが、本馬はトモの筋肉が素晴らしく、そしてその力を地面に伝える後肢の作りも、パワーロスが発生しない良い形をしています。ホッコータルマエはただでさえ、種牡馬としての能力が高いうえに、この身体ですから、ダート3冠を夢見ても罰は当たらないかと考えています。

血統評論家 望田潤によるコメント
フィリーズレビュー2着ナンシーシャインやユニコーンS3着トウショウコナンの甥で、アルテミスS2着サヤカチャンのイトコ。牝祖ビバドンナからはヌエボトウショウやトウショウフェノマといったJRA重賞勝ち馬が出ており、トウショウ牧場出身らしいマイルのスピードに優れた牝系です。父ホッコータルマエはダートの大レースを勝ちまくった名馬で、早くもブリッツファング(兵庫チャンピオンシップ)、レディバグ(兵庫ジュニアグランプリ2着)、ママママカロニ(大井ゴールドジュニア)といった中央地方の重賞勝ち馬を輩出し、ダート種牡馬としての評価は着実に上がっています。JRAでの産駒の勝ち鞍は全てダートで、牝は短距離での活躍も目立ちますが、牡は圧倒的に中距離の勝ち鞍が多いです。本馬の場合母方は芝血統というべきですが、ホッコータルマエの牡駒ですからやはりダート1800が主戦場となるでしょう。5代アウトで健康でタフで成長力に富み、長く中級で走りつづけて着賞を積み上げてくれるのでないでしょうか。

近況


  • 坂路

    先頭右から

    クイーンハーツ21

    タツサファイヤ21


    二列目左

    ハッピーディレンマ21


    三列目右から

    ウマヤノニウシ21

    ストームトウショウ21


  • 岡田調教師

    「今週、育成先に行ってチェックしてきました。その際は少し動きが重く感じましたけど、ダート馬として見ればそれほど気にはなりません。とは言え、実際はトレーニングをこなすごとに捌きが軽くなってきているようですよ。」


  • 加藤ステーブル在厩

    「ここまでは本当に順調に進められていますね。坂路でもトレッドミルでも予定通りのメニューを消化できています。特に大きな変化はありません。以前からお伝えしているようにとても安定して走れていますね。もう少しでトラックコースが使えるようになりますので、そこでさらに強化していければと思っています。この時期ですのである程度、移動のことも考えながらやっていければと考えています」(牧場スタッフ)

写真

  •  2023-03-17

動画

  •  2023-03-13

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ