ボナデアの2021

ボナデアの2021

1口出資金2.6 万円
  • 募集総額
  • 1,300万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 142

性別 牡馬 毛色 鹿毛
父馬 エスポワールシチー 母馬 ボナデア
母父 ルーラーシップ 生年月日 2021/2/18
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 加藤ステーブル 管理予定
調教師
栗東・安達 昭夫

測尺


体高155cm 胸囲175cm 管囲19.5cm 体重443kg 測尺日9月13日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
エスポワールシチーはダート系種牡馬の中でも有数の能力を持っています。その筋肉は独特で、柔軟かつ強靭なものです。しかしながら骨格がコンパクトに出てしまうことが多く、大物産駒がなかなか登場していません。本馬は大きな骨格を持つ母から誕生していますので、初仔ですが素晴らしい体格に恵まれています。筋肉は父特有のものを受け継いでおり、足りないものがない良駒かと思います。まだ成長途上の馬体が完成した時、想像を絶する競走馬が姿を現すことでしょう。

血統評論家 望田潤によるコメント
母ボナデアはJRA1勝(芝1000m)。母母コンコルディアはJRA3勝で、G1阪神JF3着などオープンで活躍しました。3代母コンクラーベもJRA4勝の活躍馬で、孫にJRA5勝のオープン馬ペイシャモンシェリがいます。コンコルディアはCornish Prince5×4などフジキセキの母系の北米スピードを増幅した配合で、主として短距離を活躍の場としました。ボナデアがルーラーシップ産駒ながら短距離で勝ち上がったのも、多分にこの母の影響でしょう。父エスポワールシチーはゴールドアリュールの代表産駒で、種牡馬としてもヴァケーション、ペイシャエス、イグナイターといったJRA重賞勝ち馬を出し成功しています。本馬はエスポワールシチー産駒としてもかなり高得点がつけられる配合で、父エスポワールシチー×母父エルコンドルパサー(ルーラーシップと同じKingmambo系)×母母コンクラーベと、本馬と酷似した配合パターンのゴールドクロス(JRA現役2勝)がダートで能力をみせているのも強調材料。1800の先行型という王道のダート馬です。

近況


  • 加藤ステーブル在厩

    「最近はトレッドミルでも前向きさが出てきて、いい感じで進めていましたが、週末のトレーニング前に右前の球節に少し張りがあったため、今は運動を控えています。気温の変化やここまで休みなく進めてきた疲れなどが出てきた感じがします。歩様に大きな乱れはありませんけど、今無理をさせることもありませんので、一旦楽をさせて、一緒にリフレッシュもできればと思っています。乗りながらも体重は増えてきて、ボリュームが出てきていますので、この休養をうまく使ってさらに成長させていければと思います」(牧場スタッフ)

    馬体重470kg



  • 加藤ステーブル在厩

    「ここまで順調に来ていますね。本馬が大人しいのは以前もお伝えしましたけど、今回の調教動画では、本馬が先頭に立って、堂々と走っている姿を見ていただけると思います。まったく物怖じもしませんし、とにかく扱いやすいですね。この大人しい性格が吉と出るか凶と出るかは今の段階では判断できませんが、最近の騎乗時は前向きさも出てきていますし、良い方に出てくれると思っています。背中の感じもいいですし、オンとオフの切り替えがしっかりできれば楽しみだと思います」(牧場スタッフ)

写真

  •  2022-12-04

動画

  •  2022-12-05

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ