トーセンジュエルの2020

トーセンジュエルの2020

1口出資金1.7 万円
今なら残口ポイント5%付与!

  • 募集総額
  • 850万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 142

性別 牡馬 毛色
父馬 カレンブラックヒル 母馬 トーセンジュエル
母父 ヴィクトワールピサ 生年月日 2020/4/17
産地 新冠町 生産者 村上 雅規
育成 加藤ステーブル 管理予定
調教師
美浦・奥村 武

測尺


体高 153cm 胸囲 181cm 管囲 20.0cm 体重463kg 測尺日12月22日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
父カレンブラックヒルは、ダイワメジャーの産駒でありながら、大きな馬ではありません。そのため産駒を見て回ると、かなり小さい産駒も目立ちます。しかし、産駒は芝ダートを問わず非常に堅実に走る傾向があり、ある程度体つきのしっかりした馬を選んでおけば、外れは少ないと言えます。本馬は、父に似た良い体型をしており、すらっとしているように見えますが、幅があってダートでもこなせる馬と見ています。活躍できる領域は広い馬となりそうです。

血統評論家 望田潤によるコメント
母トーセンジュエルは骨折のため1戦のみで引退しましたが、その全姉ナリタピクシーはJRA2勝と能力を見せました。母母ローズジプシーは仏1000ギニー(仏G1・芝1600m)勝ち馬で、孫にオープンで活躍したアマルフィコースト(阪神牝馬S2着)がいます。父カレンブラックヒルはダイワメジャーの代表産駒でNHKマイルCの勝ち馬。前記アマルフィコーストの父もダイワメジャーなので、本馬とアマルフィコーストは父系と母系が同じ配合です。また母がKris4×3のクロスをもつ点も共通します。母父ヴィクトワールピサは有馬記念や皐月賞に勝った名中距離馬で、母系に入って優秀な血Machiavellianを母父にもつため、肌に回って有能と考えられ、実際ヴィクトワールピサの肌はJRAにおいて高い勝ち馬率をマークしています。カレンブラックヒルの産駒は仕上がりそのものは早く、2歳時から動くものも出ていますが、出世する産駒は古馬になってもう一皮むけるケースが多いので、本馬も長く楽しめるマイラーとして期待したいですね。

近況


  • 加藤ステーブル在厩

    ここまではスムーズに進められ、現在は坂路コースとトレッドミルを併用しながらしっかりと乗り込まれています。「牧場の中でも一番進んでいる組にいて、現時点では完成度が一番高い馬ですね。走りも安定していますし、スピードもありそうです。近々15-15で登坂する予定です。ここからは徐々にペースを上げながら進めていきます」(牧場関係者)


  • ダク

    一列目

    外 バブルウィズジョイ20

    内 トーセンジュエル20


    二列目

    外 スターリーオレンジ20

    内 スリーアフロディテ20


    三列目

    外 ビーウィッチド20

    内 イムディーナ20


    坂路入口

    一列目

    手前バブルウィズジョイ20

    奥 トーセンジュエル20


    二列目

    手前スリーアフロディテ20

    奥 イムディーナ20


    三列目

    手前ビーウィッチド20

    奥 スターリーオレンジ20


  • ゲート通過バブルウィズジョイ20、駐立①奥ビーウィッチド20、手前トーセンジュエル20、駐立②奥スターリーオレンジ20、手前イムディーナ20、最後スリーアフロディテ20

写真

  •  2022-01-22

動画

  •  2022-01-08

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ