マジカルモーション

マジカルモーション

1口出資金2.6 万円
今なら残口ポイント5%付与!

  • 募集総額
  • 1,300万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 191

性別 牡馬 毛色 鹿
父馬 マジェスティックウォリアー 母馬 ビーウィッチド
母父 ハービンジャー 生年月日 2020/3/8
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 加藤ステーブル 管理予定
調教師
栗東・羽月 友彦

測尺


体高 157cm 胸囲 178cm 管囲 20.5cm 体重470kg 測尺日12月22日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
父マジェスティックウォリアーは、まだ期待されているほど産駒が活躍しているとはいえません。背の緩さが似ると、スピードのない産駒が出来てしまうのが原因ではないかと考えています。本馬は、父のような緩い背をしておらず、なおかつエーピーインディ系特有の強い筋肉を受け継いでおります。ユニコーンステークスを制したスマッシャーとは血統的に3/4同じですので、母系と父との相性の良さが伺える1頭です。ダート中距離での活躍が期待されます。

血統評論家 望田潤によるコメント
母ビーウィッチドはJRA1勝。母母ロフティーエイムは福島牝馬Sの勝ち馬で、産駒に共同通信杯3着エイムアンドエンドが、孫にユニコーンS勝ちスマッシャーがいます。牝祖ウィッチフルシンキングからはメーデイアやサングレーザーといった重賞勝ち馬も出ます。父マジェスティックウォリアーはプリンセスオブシルマー、ベストウォーリア、エアアルマスなどを送り出している優秀なダートサイアーですが、前出スマッシャーの父もマジェスティックウォリアーなので、本馬とスマッシャーは父と母母が同じ3/4同血の間柄。ビーウィッチドは緩さのあるハービンジャー肌なので、マジェスティックウォリアーのようにマイルのスピードとパワーがある種牡馬は配合相手として好ましいでしょう。ハービンジャー肌で最も活躍しているのは父ミッキーアイルのメイケイエールです。父がSecretariatのクロスで母がSir Gaylordのクロスなので、スマッシャーのようにダートをストライドで走るタイプです。

近況


  • チャンピオンヒルズ在厩

    大西厩舎長

    「坂路コースに入れて、これまで同様、終いを16秒ぐらいにまとめている稽古となります。調教自体は順調ですね。追い切り後は、多少左前の球節あたりが張ってきたりしているようなので、その点は十分にケアをしながら進めていくようにいたします。」

    羽月調教師

    「順調と言える範囲の推移です。現時点でもゲート試験までは大丈夫との報告を受けていますけど、トレセン入厩に関してはまだ先のイメージを持っています。もう少ししっかりと乗り込んでからですね。」


  • チャンピオンヒルズ在厩

    大西厩舎長

    「馬体重は現在506㌔あります。この中間から周回コースを3周まわってから坂路に入るというパターンにしています。その坂路ではハロン16~17秒ぐらいのペースです。運動後、左前の球節あたりがやや腫れたりしますけど、ケアをしながらやっていますし、特に気になるレベルでもありません。今日(水)羽月先生が見に来られた際に、『もう少し乗り込めば、ゲート試験までは大丈夫そうですよ』とお伝えしておきました。もちろん入厩時期はこれからの進捗次第ですが、それまでの間、しっかりと鍛えていくようにいたします。」


  • チャンピオンヒルズ在厩

    大西厩舎長

    「到着後すぐに軽い熱発がありましたけど、今は問題ありません。普通に乗り込んでいますよ。ただ今は、これから基礎体力を付けていくための準備段階という感じ。周回馬場でのフラットワーク中心です。順調なら、来週あたりから坂路コースに入れて登坂させていこうと思っています。特徴など詳しく分かってくるのは、それからになるでしょうね。馬体重は現在500㌔ほどあります。」

写真

  •  2022-06-23

動画

  •  2022-06-24
  • フェルトダート・坂路での調教。向かって左がマジカルモーション

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ