エリモトゥデイ19

エリモトゥデイ19
牡馬
黒鹿
2019年4月22日
牡馬
黒鹿
2019年4月22日
父馬 母馬 生産者 育成 産地 管理予定調教師
マジェスティックウォリアー エリモトゥデイ 前谷 武志 森本スティーブル 新ひだか町 栗東・中尾 秀正

募集価格の詳細

募集総額
1,800万
募集口数
500
残り口数
203 口
1口出資金
3.6万

動画

血統表

血統表

ブラックタイプ

ブラックタイプ

おすすめポイント

京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
母エリモトゥデイは、ディオスコリダーやエイエムナナヒカリなどの活躍馬を輩出しております。その産駒は、脚長ですらっと薄めの馬体であることが特徴で、本馬もそういった過去の活躍産駒と共通した体つきをしています。父からエーピーインディ系の筋肉の強靭さを、母からは恵まれた骨格とスピード能力を受け継いでおります。兄弟はハミでのコントロールが効かない馬が多いので、馬乗りの巧みなスタッフが担当として携われば、必ずや大舞台での活躍が見られると確信しております。

血統評論家 望田潤によるコメント
母母レースカムは輸入種牡馬スキャン(米G1ペガサスS勝ち)の全妹にあたり、オープン馬のバアゼルキングとダノンスパシーバをはじめ、JRAに出走した産駒9頭中6頭が勝ち馬となった優秀な繁殖でした。娘のエリモトゥデイもG3カペラS勝ちディオスコリダーをはじめ、JRA出走産駒4頭中3頭が勝ち馬となっており、父カネヒキリのディオスコリダーはダ短距離、父ジャングルポケットのテイエムナナヒカリは芝中距離、父スマートファルコンのハイスピードカムはダ中距離を活躍の場としているように、相手種牡、馬の長所を活かすことができるのは優れた繁殖の証。父マジェスティックウォリアーは豊作の2019年新種牡、馬陣においてもダートで光る産駒を輩出しており、特に本馬のようにMr.Prospectorのクロスを持つ産駒は勝ち馬率や獲得賞金も高いです。代表産駒のプリンセスオブシルマー、ベストウォーリア、エアアルマスもMr.Prospectorのクロスです。A.P.Indy系らしくダートのマイル戦をスピードで圧倒する姿が目に浮かびます。
  • 獣医報告書

    体高 159cm/
    胸囲 175cm/
    管囲 20.5cm
    体重475kg/
    測尺日9月1日

  • 心臓

    更新予定はありません
  • ENDOSCOPE

    更新予定はありません

VET COMMENT

更新予定はありません

X-RAY

更新予定はありません