フェアリオンアイス

フェアリオンアイス

1口出資金1.2 万円
今なら残口ポイント15%付与!

  • 募集総額
  • 600万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 319

性別 牝馬 毛色 黒鹿毛
父馬 バンブーエール 母馬 ホリデイオンアイス
母父 ダンスインザダーク 生年月日 2022/3/15
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 高橋ファーム 管理予定
調教師
美浦・鈴木 慎太郎

測尺


体高152cm 胸囲173cm 管囲19.5cm 体重404kg 測尺日9月11日

おすすめポイント


山上和良によるコメント
カーリングの娘である母は、血統的にずいぶん期待されておりました。しかし、その期待はこれまで裏切られてきました。残された産駒は本馬で最後かもしれませんが、ようやく晩年に雰囲気のある馬を産みました。バンブーエールは堅実に走る馬を出す良い種牡馬ですが、本馬は母似なのか、ダンスインザダークの雰囲気を持ちます。その分、スピードがないというリスクも内在していますが、本馬の血統的ポテンシャルを見抜けたならば、出資をご検討ください。

血統評論家 望田潤氏によるコメント
JRA2勝ダブルコークの半妹。母母カーリングは仏オークスやヴェルメイユ賞に勝った一流馬で、繁殖としてもローエングリン、エキストラエンド、ブレーヴハート、リベルタスなどを産み有能でした。父バンブーエールは現役時はJBCスプリントなど重賞3勝。種牡馬としては質量ともに繁殖牝馬に恵まれているとは言いがたいのですが、ジャパンダートダービーのキャッスルトップ、JRA7勝のオープン馬ダンツゴウユウ、JRA3勝オリオンパッチ、オグリキャップ記念と平和賞で2着のキャッスルクラウンなど、JRAでも地方でも高い確率で活躍馬を輩出している点は評価されています。ホリデイオンアイスはダンスインザダーク(菊花賞)×Garde Royale(芝2400mの仏重賞勝ち)×Carvin(芝2000mの仏G1勝ち)という重厚な中長距離血統ですか ら、短距離~マイルでスピードを見せたバンブーエールとの配合は方向性としては正しいといえます。バンブーエール産駒は専らダート向きも、本馬は牝系の芝向きのしなやかさも感じさせる体質で、芝でも面白いかもしれません。1800mまでこなすマイラー。

歩様等動画はこちら
https://youtu.be/bowQkkgw3Do

近況


  • KSトレセン在厩

    鈴木慎調教師

    「牧場で直接馬を見てきました。馬体重は460㌔になっていました。440㌔~450㌔前後で推移していましたから、だいぶ増えてきましたね。いくらか肉付きが良化してきたようにも見えます。ただ全体的な筋肉量など、まだ増加してくる余地を残しているように感じます。やや不足気味に映る体力面も、馬体の変化に比例して向上してくるものと思います。引き続き基礎調教をしっかりとこなしていくようにいたします。」


  • KSトレセン在厩

    担当者様

    「フォームの改善に取り組んできた一方で、これはよくあることなんですけど、やや走りのスケール感が小さくなりました。つまり型にはめて走らせてきたことが影響しているということになります。ただ競走馬を育成していく段階としては、この繰り返し。現在は競走馬としての走り方が整ってきたところなので、次はもう少し自由にノビノビと走らせ、ダイナミックさや力強さを求めていくことになります。そう考えると、本当の意味での地力強化はこれからということになりますね。馬体重は451㌔。もっと膨らませたいんですけど、飼い葉の量がなかなか増えてきません。歯替わりの最中で、それが原因の可能性もあったため、この中間治療を行いました。こうした処置で馬体重増加が図れればと考えていますが、反映してくる時期は、もう少し先になるでしょうね。」


  • KSトレセン在厩

    鈴木慎調教師

    「どの2歳馬もそうですが、今の段階は体力強化をメインに乗り込んでいるところとなります。動き自体は少しずつ良くなってきているようですね。概ね順調な推移でここまできています。あとは体つきですね。元々の体型もあると思うのですが、まだ全体的に薄く見せている状況。もう少し成長を促し、馬体重をしっかり増やしていきたいと思っています。」

動画

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ