ミラクルベリーの2021

ミラクルベリーの2021

1口出資金1.2 万円
  • 募集総額
  • 600万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 290

性別 牝馬 毛色 鹿毛
父馬 オルフェーヴル 母馬 ミラクルベリー
母父 ファルブラヴ 生年月日 2021/4/8
産地 日高町 生産者 浜本牧場
育成 グランデファーム 管理予定
調教師
栗東・宮本 博

測尺


体高152cm 胸囲174cm 管囲19.5cm 体重407kg 測尺日9月13日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
父オルフェーヴルは種牡馬としては窮地に至っているといえる立場。 これから巻き返すことはできるのでしょうか。本馬は、オルフェーヴル産駒らしく、時おり激しい気性を見せます。その影響もあるのか、現状では体格的に小さめで、ダートよりは芝で走れるかどうかの馬に思えます。ただ血統馬らしく動き自体は小気味良く軽い動きを見せます。 丈夫で、早い時期から使っていけそうですし、牝馬は気で走りますから、レースに向かう気持ち次第で活躍を期待できるかと思います

血統評論家 望田潤によるコメント
朝日杯FS3着グランレイの半妹。牝祖トリプルワウはネクストムーヴH(米G3・ダ9.5F)勝ち馬で、孫にマイル路線で活躍したCentury City(愛2000ギニー2着、BCマイル3着)、エプソムCのダイワキャグニー、プリンシパルS2着ミエノワンダーなどが出ています。ミラクルベリーはファルブラヴ~Fairy Kingのライン特有の前進気勢も仔に伝えており、本馬は父がオルフェーヴルに替わりましたが、おそらく芝マイル前後が適舞台になるでしょう。母系にFairy Kingの血を引くオルフェーヴル産駒はJRAに8頭が出走し、ソーヴァリアント(G3チャレンジC)、セウラサーリ(JRA3勝)、モーベット(JRA2勝)、コンスタンティン(JRA現役2勝)の4頭が勝ち馬に。牝馬に限れば4頭中3頭が勝ち馬となっています。また母系にフジキセキの血を引くオルフェーヴル産駒はJRA出走11頭中5頭が勝ち馬となっており、ライラック(フェアリーS)、ヘリオス(根岸S2着、黒船賞2着、かきつばた記念2着)、ホウオウピースフル(フローラS2着)とオープン級がよく出ています。

近況


  • グランデファーム在厩

    「この一週間もロンギ場で基礎的なことを教えながら運動しています。動画で見てもらえると分かるように、まだ反抗的なところがありますね。少し良くなってきたなと思っても次の日には反抗してみたり、なかなか難しい性格ですね。近々坂路での調教も考えていましたけど、今連れて行ってイヤイヤすることを覚えるより、もう少し時間をかけて教育してから連れていく方が本馬には良いと思いますので、焦らずやっていきます。動きは良さそうなので、前向きさを出せるように進めていきます」(牧場スタッフ)



写真

  •  2022-12-02

動画

  •  2022-11-28

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ