ビーウィッチドの2021

ビーウィッチドの2021

1口出資金1.8 万円
  • 募集総額
  • 900万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 364

性別 牡馬 毛色 栗毛
父馬 マジェスティックウォリアー 母馬 ビーウィッチド
母父 ハービンジャー 生年月日 2021/4/20
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 グランデファーム 管理予定
調教師
栗東・羽月 友彦

測尺


体高150cm 胸囲166cm 管囲19.5cm 体重417kg 測尺日9月9日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
父マジェスティックウォリアーには正直失望しています。産駒には父によく似た体型を受け継ぎ、期待できそうな馬が多いのですが、案外それが走らない。導入初期から優良な繁殖を集めた割に大物が出ません。本馬はまだ幼く、今後の成長次第というところはありますが、兄マジカルモーションに似てくれば期待ができるのではないかと考えています。少なくとも父に良く似た産駒という範疇には入らないと思いますので、今後の成長を見極めながら、出資をご検討ください。

血統評論家 望田潤によるコメント
母ビーウィッチドはJRA1勝(芝1600m)。母母ロフティーエイムは福島牝馬Sの勝ち馬で、仔に共同通信杯3着エイムアンドエンドが、孫にユニコーンS勝ちスマッシャーがいます。牝祖ウィッチフルシンキングからはメーデイアやサングレーザーといった重賞勝ち馬も出ています。父マジェスティックウォリアーはプリンセスオブシルマー、ベストウォーリア、エアアルマスなどを送り出している優秀なダートサイアーですが、前出スマッシャーの父もマジェスティックウォリアーなので、本馬とスマッシャーは父と母母が同じ3/4同血の間柄。ビーウィッチドは緩さのあるハービンジャー肌なので、マジェスティックウォリアーのようにマイルのスピードとパワーがある種牡馬は配合相手として好ましいといえます。ハービンジャー肌で最も活躍しているメイケイエールは父ミッキーアイルです。父がSecretariatのクロスで母がSir Gaylord のクロスなので、スマッシャーのようにダートをストライドで走るタイプでしょう。

近況


  • グランデファーム在厩

    「こちらも順調に調教できています。もう少しでトラックコースが使えなくなってしまうので、それまでは坂路と併用して乗っています。特に変化もなく、とにかく順調なのが一番ですね。調教にもだいぶ慣れてきたこともあって、最近はヤンチャなところも見せていますね。先日、羽月調教師もこちらに来場されて、本馬の成長を確認してもらいました」(牧場スタッフ)

    体高152cm 胸囲171cm 管囲20.0cm 馬体重438kg



  • グランデファーム在厩

    「この子も順調にトレーニング出来ています。現在のメニューは他の馬たちと一緒で、坂路とトラックコースを使いながら進めています。特に大きな変化はありませんね。いつも真面目に調教をこなしてくれますし、着実に成長しています。前回、もう少しヤンチャでもいいと伝えましたけど、最近は気温が低くなったこともあって、馬が元気なので少しずつヤンチャな一面を見せるようになってきました。馬ですけど今までは猫をかぶっていた感じがしますね。兄を見ていてもっと悪さをするイメージをしていたので、これくらいなら許容範囲。元気な方がいいですね。ヤンチャをしすぎてケガなどしないよう気を付けていきます」(牧場スタッフ)

写真

  •  2022-12-02

動画

  •  2022-12-02
  • ビーウィッチド21・スカイウォリアー21・アンドトゥモロー21・ハニーパイ21(※登場順)

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ