プライムレート

プライムレート

1口出資金1.4 万円
今なら残口ポイント5%付与!

  • 募集総額
  • 700万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 123

性別 牝馬 毛色
父馬 シニスターミニスター 母馬 ベストレート
母父 ゼンノロブロイ 生年月日 2020/4/16
産地 新ひだか町 生産者 前谷 武志
育成 グランデファーム 管理予定
調教師
栗東・笹田 和秀

測尺


体高158cm 胸囲178cm 管囲18.5cm 体重476kg 測尺日2月11日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
現3歳世代におけるシニスターミニスター産駒の大活躍は皆さまもよくご存じのことでしょう。この結果は、種牡馬としての潜在能力に、繁殖牝馬の質がようやく追いついてきたことによると私は考えています。本馬の姉ラートリーはダート馬としてはやや成長が足りず華奢な分、不安はありましたが、その安定した走りはプロモーションからの優秀な牝系の力であろうと見ています。全妹である本馬は、姉より一回り大きな馬格と精神的な落ち着きから、姉以上の活躍が期待できます。牝馬の募集頭数を制限したため一次募集からは外しましたが、優れた馬を募集しないのは、会員の皆様の期待を裏切ることになりますので、今回追加募集をさせていただくことにしました。姉同様、ダート中距離にて安定した力を発揮してくれると思います。

血統評論家 望田潤によるコメント
母ベストレートはJRA1勝(芝2200m)。母母プロモーションはG3クイーンSに勝ち、アドマイヤメイン(青葉賞、毎日杯)などを産んだ優秀な繁殖でもあります。アドマイヤジュピタ(天皇賞・春)も近親で、Assertのスタミナが売りのファミリーといえるでしょう。父シニスターミニスターはアロースタッドのエースで、インカンテーションやキングズガードのようなダートの猛者を毎年送り込んでいますが、牝駒はヤマニンアンプリメやゴールドクイーンなど短距離でスピードを発揮する馬が多いです。本馬は母方のスタミナの影響でもう少し長い距離適性になるかもしれません。ベストレートはMr.Prospector4×4をもちますが、シニスターミニスターは強いクロスをもつ繁殖との配合が成功しやすく、インカンテーションの母はNative Dancer4・5×5、ヤマニンアンプリメの母はTurn-to4×4、キングズガードの母はNorthern Dancer4×4・5とSquander4×4です。しぶといダートのマイラーとみます。

近況




  • グランデファーム在厩

    中間も至って順調で、引き続きBTCの坂路コースを中心にしっかりと乗り込まれています。「本馬も本当に順調に進められています。週末に坂路で少し強めのところをやりました。ラスト2ハロンは14秒台前半でしたけど、楽に登ることが出来て、余裕がありました。確実に成長しているなと感じました。スピードもありそうですし、これからが楽しみですね」(牧場関係者)

    馬体重483kg


写真

  •  2022-06-25

動画

  •  2022-06-27
  • 向かって左がプライムレート

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ