コテキタイの2020

コテキタイの2020

1口出資金1.6 万円
今なら残口ポイント15%付与!

  • 募集総額
  • 800万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 370

性別 牝馬 毛色 鹿
父馬 スズカコーズウェイ 母馬 コテキタイ
母父 サウスヴィグラス 生年月日 2020/3/19
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 森本スティーブル 管理予定
調教師
栗東・羽月 友彦

測尺


体高 155cm 胸囲 180cm 管囲 19.3cm 体重438kg 測尺日12月23日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
父スズカコーズウェイは、種牡馬の中では目立つ競走成績を残したほうでなく、馬体もとりたてて素晴らしいというほどではありませんが、種牡馬成績は優秀です。母コテキタイは浦和の桜花賞を制した名牝で、サウスヴィグラス産駒です。本馬については、父にも母にも似ているように見えます。短距離で、おそらくダートを主戦場にするでしょうが、両親のスピード能力はしっかりと受け継いでいそうですので、その血統に恥じない成績を期待しています。

血統評論家 望田潤によるコメント
兵庫ゴールドC4着など園田の大将格として活躍したナリタミニスターの半妹。母コテキタイは浦和桜花賞の勝ち馬で、母母チアリーダーの産駒には川崎マイラーズのスマートジョーカーがいます。ダート重賞3勝スマートボーイや北海道2歳優駿イグナシオドーロも近親。ダートの名門グランド牧場で代々育まれてきた牝系です。父スズカコーズウェイは芝1400mの京王杯SCを勝ちましたが、産駒はJRA平地勝ち鞍の全てがダートで、しかも勝ち馬率が50%弱と優秀。北海道スプリントC2着のスズカコーズラインが代表産駒です。この牝系のスズカコーズウェイ産駒にはJRA現役3勝のスズカゴウケツがおり、その母リバティーベルは父アサティス、母母クイングランドなのでチアリーダーと3/4同血の関係。つまり本馬はスズカゴウケツとかなり近い配合といえ、ダートのスプリンター~マイラーとして上級で活躍できる素地は十分といえるでしょう。

近況


  • 森本スティーブル在厩

    中間も至って順調で、現在は坂路コースや直線ウッドコースを使用しながら、ハロン18秒~16秒前後でしっかりと乗り込まれています。この一週間で特に大きな変化はありませんが、順調に進めることが出来ています。「調教は真面目です。まだ前駆で走っている感じですね。もう少しリラックスして体も使えるようになれば、楽に走れると思います」(牧場関係者)

    馬体重443kg(1/15)



  • 左がコテキタイ2020


  • 森本スティーブル在厩

    冬休み前に休みなく乗り込んできており、年明けはまだ騎乗運動は行っていませんが、今週より再開する予定です。「成長を促したかったので、少し長めの休養を取っています。普段は大人しくて素直なんですけど、何がきっかけなのかわからないんですけど、急に人を近寄らせなくなるんですよね。掴み所がない性格をしていますね。調教は真面目なので、そのあたりは問題ないですね」(牧場関係者)。

写真

  •  2022-01-23

動画

  •  2022-01-24
  • 左がコテキタイ20

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ