サンバダンサーの2020

サンバダンサーの2020

1口出資金1.4 万円
今なら残口ポイント15%付与!

  • 募集総額
  • 700万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 378

性別 牡馬 毛色
父馬 タイセイレジェンド 母馬 サンバダンサー
母父 アドマイヤマックス 生年月日 2020/5/24
産地 新冠町 生産者 村上 進治
育成 グランデファーム 管理予定
調教師
美浦・和田 勇介

測尺


体高 157cm 胸囲 180cm 管囲 19.5cm 体重431kg 測尺日12月23日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
父タイセイレジェンドは数少ない産駒の中から、今年エーデルワイス賞の勝ち馬を輩出しました。キングカメハメハ産駒の短距離型というような体型をしており、現在はホッコータルマエが産駒の活躍で目立っておりますが、決して劣らぬポテンシャルを秘めていると考えています。本馬は、まだ馬体が幼いですが、父譲りのトモは目立っており、全体の骨格が完成してくれば、父に似た立派なダート短距離馬に変貌することでしょう。

血統評論家 望田潤によるコメント
母サンバダンサーはJRA1勝(芝1000m)。母母サンバホイッスルはJRA1勝(ダ1200m)で、サンバホイッスルの全妹ハニーパイは交流重賞エーデルワイス賞(ダ1200m)を勝ちNRA最優秀2歳牝馬に選出されました。ハニーパイの息子サトノユニゾンもダ短距離で3勝をあげており、母方にはアドマイヤマックス、サウスヴィグラス、キャタオラとダート向きのスプリントを伝える種牡馬が名を連ねます。父タイセイレジェンドもJBCスプリント、クラスターC、東京盃に勝つなどダートのスプリンターとしてならした馬で、産駒もタイセイスラッガー(JRA2勝)やタイセイサクセサー(門別~南関東で計5勝)などやはりダートでの活躍が目立ちます。そんな両親をもつだけに、本馬はまさにダ短距離に的を絞った配合といえるでしょう。ノーザンテースト5×4、Mr.Prospector4×6、他にパーソロン、Never Bend、Graustarkなどをクロスする緩やかな父母相似配合で、素直にダートのスプリンターを計算できる配合です。

近況


  • グランデファーム在厩

    ここまで至って順調で、引き続き坂路コースを中心にしっかりと乗り込まれています。「先週も16秒台で坂路を登っています。ここまでは予定通りなので、いったん楽をさせたいと思います。全体的に体がさみしいので、この期間に成長を促せればいいですね。現状でもしっかりと走れているので、筋力がついてくると楽しみが増します」(牧場関係者)



  • グランデファーム在厩

    中間も至って順調で、引き続きBTCの坂路コースを中心にしっかりと乗り込まれています。週末には坂路を2本登っており、1本目は20秒前後のペースで、2本目は18-17-16のペースで徐々にピッチを上げながら登坂しています。「調教にはとても真面目に取り組んでくれています。手を焼くことがほとんどないですけど、欲を言えばもう少し馬体重が欲しいですね。飼い葉は食べてくれているので、これからの成長に期待ですね」(牧場関係者)

    馬体重435kg(1/15)


写真

  •  2022-01-23

動画

  •  2022-01-08
  • 左サンバホイッスルの2020 右サンバダンサーの2020

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ