インジェクション

インジェクション

1口出資金2.7 万円

  • 募集総額
  • 1,350万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 71

性別 牡馬 毛色 鹿
父馬 ミッキーロケット 母馬 スリーアフロディテ
母父 スズカマンボ 生年月日 2020/3/30
産地 むかわ町 生産者 新井牧場
育成 加藤ステーブル 管理予定
調教師
栗東・佐々木 晶三

測尺


体高 159cm 胸囲 185cm 管囲 20.0cm 体重487kg 測尺日12月22日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
ミッキーロケットの初年度産駒になります。父はキングカメハメハ産駒ですが、こういう微妙な芝中距離馬産駒は最近人気がなく、サマーセールで予想していたよりも割安に購入できました。本馬についての最大のアピールポイントは、その動きの良さにあります。軽さと力強さを兼ね備えています。馬体についても、骨格、筋肉の付き方とその前後バランス、今後の成長余力、すべてに申し分ありません。芝、ダートどちらも期待できる好素材です。

血統評論家 望田潤によるコメント
JRA現役1勝スズカパイロットの半弟。母スリーアフロディテはJRA4勝(芝1500~2000m)。3代母アイシングスズカの孫にはスズカルパン(JRA4勝)、スズカゴーディー(JRA現役3勝)、スズカアーチスト(JRA2勝)などがいます。Danzig系の名スプリンターDayjurの血が入るので、短距離やダートの活躍が目立つ牝系なのですが、スリーアフロディテはスズカマンボ産駒らしいしぶとい中距離馬で、馬場が渋るとオール連対の道悪巧者でもありました。父ミッキーロケットは稍重の宝塚記念に勝ったキングカメハメハ産駒で、Nureyev4×4のクロスをもちこちらもパワーと持続力が持ち味。いわば似た者同士の父母の組み合わせで、Kingmambo3×4、Nijinsky5・7×4・5のクロスで父母相似配合的にまとめており、本馬も渋った馬場や力の要る馬場で浮上する中距離馬でしょう。やや勝ち味には遅そうですが、ダートもOKの血統なので、相手ナリにしぶとく駆けて本賞金を稼いでくれそうです。

近況


  • 来週からトレッドミル&乗り運動を再開する予定。


  • 加藤ステーブル在厩

    「先週の調教前、歩様に違和感があったので、すぐに獣医師に診てもらいました。診察の時点ではすでに普通の歩様に戻っていましたけど、翌日騎乗した時にまた違和感があったので、調教は行いませんでした。念のためレントゲン検査で膝、深管、蹄などをチェック。特に異常はなくて、軽い挫跖の可能性が高いとの診断でした。今は歩様に問題ありませんが、念のため様子を見て運動は控えています。今後しばらくは状態を確認しながら進めていくことになると思います」(牧場関係者)


写真

  •  2022-08-16

動画

  •  2022-08-16

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ