ラートリー

ラートリー

1口出資金1.2 万円
今なら残口ポイント15%付与!

  • 募集総額
  • 600万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 388

性別 牝馬 毛色
父馬 シニスターミニスター 母馬 ベストレート
母父 ゼンノロブロイ 生年月日 2019/4/3
産地 新ひだか町 生産者 前谷 武志
育成 グランデファーム 管理予定
調教師
美浦・和田 勇介

測尺


体高160cm 胸囲177cm 管囲19.5cm 体重432kg 測尺日1月23日


(募集時測尺)

体高 159cm 胸囲 176cm 管囲 19.2cm 体重444kg 測尺日11月2日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
コンスタントに活躍馬を輩出するプロモーションの母系である母の初仔になります。本馬は今年の春先まで小柄で目立たない馬でした。しかし夏を越して急激に成長してきました。シニスターミニスターの産駒でありながら筋肉は硬質ではなく、骨格も母に似ています。今後、父の影響でダート馬らしくなってくると思われますが、成長に伴い馬体が変化してくる馬は活躍する傾向がありますので、今後が楽しみでなりません。

血統評論家 望田潤によるコメント
母ベストレートはJRA1勝(芝2200m)。母母プロモーションはG3クイーンSに勝ち、アドマイヤメイン(青葉賞、毎日杯)などを産んだ優秀な繁殖でもあります。アドマイヤジュピタ(天皇賞・春)も近親で、Assertのスタミナが売りのファミリーといえるでしょう。父シニスターミニスターはアロースタッドのエースで、インカンテーションやキングズガードのようなダートの猛者を毎年送り込んでいますが、牝駒はヤマニンアンプリメやゴールドクイーンなど短距離でスピードを発揮する馬が多いです。本馬は母方のスタミナの影響でもう少し長い距離適性になるかもしれません。ベストレートはMr.Prospector4×4をもちますが、シニスターミニスターは強いクロスをもつ繁殖との配合が成功しやすく、インカンテーションの母はNative Dancer4・5×5、ヤマニンアンプリメの母はTurn-to4×4、キングズガードの母はNorthern Dancer4×4・5とSquander4×4です。しぶといダートのマイラーとみます。

近況


  • 右がラートリー(左はノーブルオーキッド)


  • グランデファーム在厩

    中間も至って順調で、今週も引き続き坂路コースと1600mトラックコースを併用しながら進められています。トラックコースではハロン17秒前後のペースで2400mほど乗り込んでいます。「坂路だけではテンションが上がっていたけど、トラックに出てからは落ち着いてきましたね。体重も少しずつ増えていて、体つきは良くなってきましたよ。」と担当者。馬体重443kg


  • グランデファーム在厩

    引き続き順調に乗り込まれており、今週は坂路コースと1600mトラックを使用しながら進められています。トラックコースではハロン18秒前後のペースで2400mほど乗り込んでいます。広いコースに出てからは体をうまく使えるようになってきており、精神的にも落ち着いた状態で調教に取り組めています。飼葉食いも良くなり、今後の成長が楽しみです。

写真

  •  2021-04-21

動画

  •  2021-04-07
  • 外がラートリー(内はノーブルオーキッド)

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ