ビーラブドウィッチ

ビーラブドウィッチ

1口出資金1.0 万円
今なら残口ポイント10%付与!

  • 募集総額
  • 500万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 280

性別 牝馬 毛色 鹿毛
父馬 マジェスティックウォリアー 母馬 ビーウィッチド
母父 ハービンジャー 生年月日 2022/4/22
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 高橋ファーム 管理予定
調教師
美浦・中川 公成

測尺


体高151cm 胸囲173cm 管囲19.7cm 体重402kg 測尺日9月11日

おすすめポイント


山上和良によるコメント
「また同じ血統の馬が出てきたぞ」とご批判の声が聞こえてきそうです。全兄マジカルモーションは、走力はあったと思うのですが、前進気勢に欠く性格と二度の骨折に泣きました。上が走ってないので積極的なお薦めはできませんが、きっかけ一つで走る可能性はあるかと思い、安価で募集することにしました。一定以上の能力があるならば、牝馬は気で走れます。健康で馬体も悪いところはなく、しかもダイナミックに動けますので、楽しみは残されていると思います。

血統評論家 望田潤氏によるコメント
母ビーウィッチドはJRA1勝(芝1600m)。母母ロフティーエイムは福島牝馬Sの勝ち馬で、仔に共同通信杯3着エイムアンドエンドが、孫にユニコーンS勝ちスマッシャーがいます。牝祖ウィッチフルシンキングからはメーデイアやサングレーザーといった重賞勝ち馬も出ています。父マジェスティックウォリアーはプリンセスオブシルマー、ベストウォーリア、エアアルマスなどを輩出している優秀なダートサイアーですが、前出スマッシャーの父もマジェスティックウォリアーなので、本馬とスマッシャーは父と母母が同じ3/4同血の間柄。ビーウィッチドは緩さのあるハービンジャー肌なので、マジェスティックウォリアーのようにマイルのスピードとパワーがある種牡馬は配合相手として好ましいといえます。ハービンジャー肌で最も活躍しているメイケイエールは父ミッキーアイルです。父がSecretariatのクロスで母がSir Gaylordのクロスなので、スマッシャーのようにダートをストライドで走るタイプでしょう。

歩様等動画はこちら
https://youtu.be/D04mb-7RJuI

近況


  • 高橋ファーム在厩

    「立ち上げからここまで特に問題もなく順調に進められています。基本は他と同じく坂路を中心に進めており、中間にトレッドミルを使ってしっかりトレーニングしています。走り自体はすごく良いものがありますが、まだパワー不足で非力に感じますね。飼い葉もあまりガツガツ食べるタイプではないので、サプリメントなど少し工夫しながらやっています。そこが上手くクリア出来ればすごく楽しみな馬だと思っています。」(牧場スタッフ)



動画

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ