ビーラブドウィッチ

ビーラブドウィッチ

1口出資金1.0 万円
今なら残口ポイント10%付与!

  • 募集総額
  • 500万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 280

性別 牝馬 毛色 鹿毛
父馬 マジェスティックウォリアー 母馬 ビーウィッチド
母父 ハービンジャー 生年月日 2022/4/22
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 高橋ファーム 管理予定
調教師
美浦・中川 公成

測尺


体高151cm 胸囲173cm 管囲19.7cm 体重402kg 測尺日9月11日

おすすめポイント


山上和良によるコメント
「また同じ血統の馬が出てきたぞ」とご批判の声が聞こえてきそうです。全兄マジカルモーションは、走力はあったと思うのですが、前進気勢に欠く性格と二度の骨折に泣きました。上が走ってないので積極的なお薦めはできませんが、きっかけ一つで走る可能性はあるかと思い、安価で募集することにしました。一定以上の能力があるならば、牝馬は気で走れます。健康で馬体も悪いところはなく、しかもダイナミックに動けますので、楽しみは残されていると思います。

血統評論家 望田潤氏によるコメント
母ビーウィッチドはJRA1勝(芝1600m)。母母ロフティーエイムは福島牝馬Sの勝ち馬で、仔に共同通信杯3着エイムアンドエンドが、孫にユニコーンS勝ちスマッシャーがいます。牝祖ウィッチフルシンキングからはメーデイアやサングレーザーといった重賞勝ち馬も出ています。父マジェスティックウォリアーはプリンセスオブシルマー、ベストウォーリア、エアアルマスなどを輩出している優秀なダートサイアーですが、前出スマッシャーの父もマジェスティックウォリアーなので、本馬とスマッシャーは父と母母が同じ3/4同血の間柄。ビーウィッチドは緩さのあるハービンジャー肌なので、マジェスティックウォリアーのようにマイルのスピードとパワーがある種牡馬は配合相手として好ましいといえます。ハービンジャー肌で最も活躍しているメイケイエールは父ミッキーアイルです。父がSecretariatのクロスで母がSir Gaylordのクロスなので、スマッシャーのようにダートをストライドで走るタイプでしょう。

歩様等動画はこちら
https://youtu.be/D04mb-7RJuI

近況


  • クリーンヒットホースランチ在厩

    中川調教師

    「先日、本州に到着した本馬を牧場で見てきました。ケガをしたことの報告は受けておりまして、それに関してはいずれ完治するでしょうから、さほど問題だとは考えていないんですけど、ちょっと体が寂しく感じますね。輸送で減ったのもあると推察できますが、私が行った時は410㌔台になっていました。ケガをした背景などから想像すると、今後課題になってくるのは気性面。神経質な部分が体つきに影響しているように思います。もう少し成長が必要ですね。」


  • クリーンヒットホースランチ在厩

    宗方代表

    「既に角馬場で1500~3000mをダク~ハッキングで運動。その一方で、日中は他の2歳馬と一緒にパドックに出して気分転換させています。その意味では順調な推移とも言えるのですが、実はこちらへ到着して間もなく、運動をしている年上の他馬を見て興奮。馬房内で激しく前掻きをして、球節付近にケガを負ってしまいました。その後消炎剤投与および化膿止めの処置。結果から申し上げると軽いケガであり、獣医の診断も『運動をしても大丈夫なレベル』とのことでした。現在続けている運動メニューにが、ケガをした箇所に影響を及ぼしているということもありません。ただ、今でも馬房内ではあまり落ち着きがないですね。忙しなく動いている様子も確認できています。調教を進めていく中で、こうした気性面がどのように変化してくるか、多少気になるところではあります。」


  • ※本日出発(前ホリデイオンアイス2022、後ビーウィッチド2022)

動画

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ