フェアリオンアイス

フェアリオンアイス

1口出資金 1.2 万円
今なら残口ポイント15%付与!

  • 募集総額
  • 600万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 306

性別 牝馬 毛色 黒鹿毛
父馬 バンブーエール 母馬 ホリデイオンアイス
母父 ダンスインザダーク 生年月日 2022/3/15
産地 新ひだか町 生産者 高橋ファーム
育成 高橋ファーム 管理予定
調教師
美浦・鈴木 慎太郎

測尺


体高152cm 胸囲173cm 管囲19.5cm 体重404kg 測尺日9月11日

おすすめポイント


山上和良によるコメント
カーリングの娘である母は、血統的にずいぶん期待されておりました。しかし、その期待はこれまで裏切られてきました。残された産駒は本馬で最後かもしれませんが、ようやく晩年に雰囲気のある馬を産みました。バンブーエールは堅実に走る馬を出す良い種牡馬ですが、本馬は母似なのか、ダンスインザダークの雰囲気を持ちます。その分、スピードがないというリスクも内在していますが、本馬の血統的ポテンシャルを見抜けたならば、出資をご検討ください。

血統評論家 望田潤氏によるコメント
JRA2勝ダブルコークの半妹。母母カーリングは仏オークスやヴェルメイユ賞に勝った一流馬で、繁殖としてもローエングリン、エキストラエンド、ブレーヴハート、リベルタスなどを産み有能でした。父バンブーエールは現役時はJBCスプリントなど重賞3勝。種牡馬としては質量ともに繁殖牝馬に恵まれているとは言いがたいのですが、ジャパンダートダービーのキャッスルトップ、JRA7勝のオープン馬ダンツゴウユウ、JRA3勝オリオンパッチ、オグリキャップ記念と平和賞で2着のキャッスルクラウンなど、JRAでも地方でも高い確率で活躍馬を輩出している点は評価されています。ホリデイオンアイスはダンスインザダーク(菊花賞)×Garde Royale(芝2400mの仏重賞勝ち)×Carvin(芝2000mの仏G1勝ち)という重厚な中長距離血統ですか ら、短距離~マイルでスピードを見せたバンブーエールとの配合は方向性としては正しいといえます。バンブーエール産駒は専らダート向きも、本馬は牝系の芝向きのしなやかさも感じさせる体質で、芝でも面白いかもしれません。1800mまでこなすマイラー。

歩様等動画はこちら
https://youtu.be/bowQkkgw3Do

近況


  • KSトレセン在厩

    担当者様

    「調教のメニューは、坂路ハロン15秒、周回コースでは4000~5000mの乗り込み。うちキャンターでの周回は2000~3000mとなります。ハロン20秒での周回から、後半にかけて18秒-17秒・・・という形にしています。だいたい古馬に先導をさせていて、それを追いかける調教です。どれだけ楽に付いていけるかを見る感じですね。一方の坂路は、瞬発力に磨きをかけることが目的となります。まだ全体的に地力強化が必要ですけど、鍛えてきた効果は徐々に表れています。馬体重は480㌔。体調安定、脚元にも問題はありません。」


  • KSトレセン在厩

    担当者様

    「馬体重478㌔。先週に比べるとやや減少ですが、増加傾向に入ってきてから数週間が経ちました。ただ増量分が、例えばトモのパワーに変わってきているかと言えば、まだそのような印象はないというのが正直な感想。身のこなしに切れは出てきているんですけど、もうちょっとパンチ力が欲しいですね。引き続き地力強化を図るために、成長を促していきたいと思っています。」


  • KSトレセン在厩

    担当者様

    「馬体重が481㌔。やはりこれが一番最初にお伝えしたい内容です。普通に乗り進めてきての推移ですから、成長期に入ってきたのではないかと思えるぐらいです。もちろん見た目にも大きくなった感じ。以前より筋肉が張ってきたように映ります。その分、体力自体が向上しているように思いますね。あとは調教時の動き。馬体良化がそのままフットワークの力強さに繋がっている様子がないので、今後求めていくのはその点になりますね。ただ軌道に乗りつつあるのは間違いないと見ています。」

動画

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ