ウマヤノニウシの2021

ウマヤノニウシの2021

1口出資金1.7 万円
  • 募集総額
  • 850万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 252

性別 牝馬 毛色 芦毛
父馬 リーチザクラウン 母馬 ウマヤノニウシ
母父 ストリートセンス 生年月日 2021/4/30
産地 新冠町 生産者 村上 欽哉
育成 加藤ステーブル 管理予定
調教師
美浦・中川 公成

測尺


体高159cm 胸囲181cm 管囲20.0cm 体重462kg 測尺日9月13日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
父リーチザクラウンは大物こそ出さないものの、比較的勝ち上がりもよく、悪い種牡馬ではないと考えています。この馬は配合から選定していますが、体高があり、繋の長さからも、JRAの芝向きであろうと見ます。バネのある動きをしますし、早期デビューを目指せるのではないかと考えています。母名はウシですが、この馬はラビットのように、ピョンピョン飛び跳ねていくようなイメージの馬になりそうです。配合好きの方は是非ご検討ください。

血統評論家 望田潤によるコメント
近親に目立った活躍馬はいませんが、牝祖クラシッククラウンは名種牡馬Chief's Crownの妹で、自身もフリゼットS(米G1・ダ8F)とガゼルH(米G1・ダ9F)に勝った一流馬。孫にリーチザクラウン、エーシンジーライン、エーシンエフダンズ、クラウンプリンセスといったオープン馬が出ており、繁殖としても有能でした。本馬の父はそのリーチザクラウンですから、血統表を見てのとおりクラシッククラウンのクロス3×4になります。子孫が大繁栄している名繁殖Miss Carmieの直系で、BMSとして名高いMr.ProspectorとSecretariatの血を引き、そのクロスは競走馬として以上に繁殖牝馬として魅力。またストリートセンスもクロフネもフィリーサイアーで母系に入って有能な血ですから、将来は京サラの根幹をなす繁殖に…という期待を込めてサマーセールで購買していただきました。実馬も良いということなので、オールラウンドな血統ですが芝なのかダートなのかマイラーなのか、どんな走りを見せてくれるのか楽しみにしています。

近況


  • 加藤ステーブル在厩

    「こちらも順調ですね。前回と同じくトレッドミルを使いつつ、坂路とトラックコースを中心に乗り込んでいます。見た目にパワーがありそうな体型。乗った感じの印象も同じです。安定して走れていますし、このまま乗り込んでいければ筋力もついて、見栄えのする馬体になってくると思います。体がある分、しっかり乗り込めますし、これからの成長がとても楽しみですね」(牧場スタッフ)

    体高161cm 胸囲184cm 管囲20.1cm 馬体重483kg


  • 坂路

    前二頭

    ストームトウショウ21

    アーベントロート21


    以下

    ハッピーディレンマ21

    クイーンハーツ21

    ウマヤノニウシ21

    ティザチック21

    アンティグラビティ21


  • 屋内馬場

    先頭

    ボナデア21

    アーベントロート21


    二列目

    ストームトウショウ21

    ハッピーディレンマ21


    三列目

    クイーンハーツ21

    ウマヤノニウシ21


    最後尾

    ティザチック21

    アンティグラビティ21

写真

  •  2022-12-04

動画

  •  2022-12-05

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ