メーリッハベイ

メーリッハベイ

1口出資金1.4 万円
今なら残口ポイント5%付与!

  • 募集総額
  • 700万円
  • 募集口数
  • 500
  • 残り口数
  • 180

性別 牡馬 毛色 鹿
父馬 ビーチパトロール 母馬 イムディーナ
母父 スペシャルウィーク 生年月日 2020/3/19
産地 新冠町 生産者 村上牧場
育成 加藤ステーブル 管理予定
調教師
美浦・中川 公成

測尺


体高 154cm 胸囲 177cm 管囲 19.5cm 体重416kg 測尺日12月22日

おすすめポイント


京都サラブレッドクラブ代表 山上和良によるコメント
輸入種牡馬ビーチパトロールの初年度産駒になります。ビーチパトロールは中距離での実績を残しており、本馬も中距離タイプのスラっとした馬体をしておりますが、胸前やトモの筋肉は目立っており、運動神経は抜群です。ただ現状、食べたものが十分身になっておらず、馬体の薄さが気になります。今後成長に伴い、そういった部分が解消されてくれば、全体的に見映えのする馬になってくるでしょう。成長を見守っていただきたいと思います。

血統評論家 望田潤によるコメント
JRA1勝ワンダーヴァレッタの半弟。母母マルターズヒートはフェアリーSに勝ちフィリーズレビュー2着と桜花賞路線で大活躍しました。母としても関屋記念など重賞3勝のマルターズアポジーを産んでいます。父ビーチパトロールは現役時はセクレタリアトS(米G1・芝10F)など北米の芝中距離G1を3勝しましたが、オールラウンドなKingmamboの父系ですから、産駒はダートもマイルも走るでしょう。本馬の配合でまず注目できるのは、Charming Lassie≒A.P.Indyの3/4同血クロス3×4です。この名血クロスをもつ馬はこれまでJRAに8頭が出走し、レガーロ(全日本2歳優駿2着)、アポロビビ(現役5勝、オープン特別勝ち)、ストームガスト(現役3勝)、アポロセイラン(現役1勝)の4頭が活躍しています。全体にダートをストライドで走るような血を活かした配合になっており、兄ワンダーヴァレッタも東京ダートで勝ち上がっていますから、本馬も広い東京ダートが主戦場になるでしょう。

近況


  • 加藤ステーブル在厩

    この一週間も至って順調で、引き続きトレッドミルと1000mダートコース、坂路コースを使用しながらしっかりと乗り込まれています。「一時期出ていた疲れは、今はもう取れて順調に乗り込めています。体重はなかなか大幅な増量は見込めませんけど、速いところもしっかりやっていますし、乗り込み量が増えても大きく体重を減らすことはありません。こちらでは声がかかるまでしっかり体調を管理しながら、乗り進めていこうと思います」(牧場関係者)
    ※本馬は6月20日(月)に北海道を出発し、阿見トレセン内の広瀬ステーブルへ移動することになりました。



写真

  •  2022-06-17

動画

  •  2022-06-20
  • 手前がメーリッハベイ

血統


血統表


血統表

ブラックタイプ


ブラックタイプ