INFORMATION

お知らせ

2歳馬の近況を更新いたしました。


いつも大変お世話になっております。

 

京都サラブレッドクラブの2歳馬の近況をお知らせいたします。


◆ワンダフルトゥデイ(エリモトゥデイ2019)

森本スティーブル在厩

中間も至って順調で、先週から引き続き坂路、トラックコースを併用しながらしっかりと乗り込まれています。週末には1600m直線コースで終いを伸ばす調教を取り入れるなど、環境を変えながら進めています。坂路コースだと少し力が入りすぎてしまうことから、広いコースでの調教を多めに取り入れています。フットワークが非常に良く、スタッフの評価も高くなっています。


◆フルム(サンタテレサ2019)

トゥモローファーム在厩

浜田調教師「順調に調整が進んでいます。トゥモローファームからの報告を聞いていると、まだ緩さはあるものの、そのあたりが解消してくれば走ってきそうな雰囲気はありますね。真面目で性格もいいようですよ。ゲートの練習については、特にクセもなく、『今でも試験をクリアできるレベル』とのことでした。いつトレセンに入厩させるか、というところまで来ています。予定としては、ゴールデンウィーク明けぐらいに栗東に移動させたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。


◆アピート(サンバホイッスル2019)

森本スティーブル在厩

ソエの状態は徐々に回復してきており、現在はロンギ場で運動を開始しました。引き続き脚元のケアをしっかりと行っており、運動後も現状では問題なさそうです。もう少し様子を見ながら進めていき、患部の状態を確認して運動量を増やしていこうと考えています。


◆オリエンタルキング(アーベントロート2019)

森本スティーブル在厩

中間も至って順調で、今週は週末に坂路コースでハロン18~16秒のペースで登坂しました。休みを取っていたことで、体の疲れも取れていい状態で調教に励んでおり、前向きさも出てきました。運動後も脚元は問題なく、今後は状態を見ながら徐々にペースを上げていければと考えています。


◆プライムアクター(ネオザスティング2019)

チャンピオンヒルズ在厩

小泉厩舎長「ウッドチップ坂路で週2回の15-15を継続中です。まだ緩さはありますが、走りを見ていると、少しずつ力をつけているように感じます。まだ時計になるところはラスト2Fだけですが、体つきもしっかりしてきましたし、もうそろそろワンステップ上の質・量を求めてもいいかもしれません。一応、来週ぐらいから3Fまで延ばしていこうと考えているところです。調教を強めていくことで、これからどのように変わってくるかですね。馬体重は496㌔になります。」


◆プレミアムベリー(ミラクルベリー2019)

森本スティーブル在厩

中間も至って順調で、今週の半ばからロンギ場で軽めの運動を開始しました。楽をさせたことでフレッシュな状態で運動出来ています。まだもう少し成長を促していきたいことから、数日は現状のメニューで進め、状態を確認しながら徐々に調教量を増やしていこうと考えています。仕上がりは早そうなタイプですが、じっくりと成長させていければと思います。

羽月調教師「徐々に良くなっているようなので、更なる成長を期待しつつ、このままもう少し北海道で調整をしていく方がいいと考えています。」


◆ルナリュミエール(スピリットディティ2019)

小松トレーニングセンター在厩

山本場長「入厩に向けて少しずつ調教内容を変えてきている状況で、現在はトラックコースでキャンターを乗った後、坂路1本というもの。坂路でのペースは20-18程度ですから決して速くはありませんが、全体的には以前よりも負荷をかけています。先週の土曜日はハロン17~18秒で動かしましたけど、やっぱりスピードがありそうな雰囲気を持っていますね。その上で馬体重が440㌔台まで増えてきたのはいい傾向。しっかりとコンディションを整えて送り出してあげたいと思います。」


◆ノーブルオーキッド(ノーブルクラウン2019)

グランデファーム在厩

先週から引き続き順調で、今週も坂路1本登坂後、1600mトラックコースで2400mほど乗り込まれています。基礎体力が着実についてきたことで、運動量が増えても体重が増えており、馬体がひと回り大きくなってきました。「気性が大人になってきているので、調教でも落ち着いて乗り込めています。パワーも付いてきているし、これから楽しみですね」と担当者。


◆ブーケザゴールド(マリアージュ2019)

カナイシスタッド在厩

先週の運動後も患部の状態が安定していることから、今週は屋内馬場でダク運動後にキャンターで2000mほど乗り込んでいます。運動後も脚元は問題なく、今後は状態を見ながらになりますが、徐々に運動量を増やしていければと考えています。



◆エレディターレ(ラナチュール2019)

カナイシスタッド在厩

先週のダク運動後も脚元は落ち着いており、今週は屋内馬場でダク2000m、キャンターで2000m前後のメニューで進められています。トレーニング後は脚元のチェック、ケアを引き続き行っており、状態は安定しています。今後も焦らずじっくりと進めていき、徐々にステップアップしていければと考えています。


◆ブレイヴルーラー(ポッドルージュ2019)

チャンピオンヒルズ在厩

大西厩舎長「本日(28日)の調教を見ていただきましたけど、だいたい今はあのような感じでやっています。周回コース3000mを乗ったあとに、ウッドチップ坂路でラストの2Fを17~18秒ほどで駆け上がらせるという内容です。しばらくはこうした調整を続け、じっくりと仕上げていく形になりそうですね。馬体重は510㌔で、先週よりも10㌔ほど増えてきました。鍛えつつ、増加しているのはいい傾向ですね。引き続き脚元などにも問題はありません。」

羽月調教師「ゲート試験のこともあるので、今のところ5月後半ぐらいにトレセンへ入厩させることを考えています。ただレースに使うのは、ダートの中距離戦が始まる時期以降になると思います。」


◆パワーエンブレム(パワーオブフェイス2019)

森本スティーブル在厩

中間も至って順調で、今週末には坂路コースでラスト3ハロンを13秒前後のペースで登坂しました。ここ最近は幼い行動を見せることもなく、日々のトレーニングに対して集中して取り組めており、非常にパワフルな走りを披露しています。馬体にもメリハリが出てきて見栄えのする好馬体になり、本馬の順調さが伺えます。


◆エルデスペラード(シェリトリンド2019)

カナイシスタッド在厩

今週も脚元の状態は安定していることから、引き続き屋内馬場でダク2000m、キャンター2000mのメニューで進められ、中間には坂路コースを20秒前後で登坂しました。まだペースは上げず、患部を確認しながらじっくりと進めていき、問題がなければ徐々にステップアップしていこうと考えています。


◆アップトゥザナイン(ミティーク2019)
ランドウィック在厩

佐藤厩舎長「火曜日に坂路で併せ馬をいたしました。今回はハミをかけてしっかりやりましたが、併せ馬にすると元気いっぱいです。走りっぷりもかなり良くなりますね。普段は堂々として落ち着きが出てきましたし、他厩舎の人から『これ2歳ですか?』と驚かれるほど、メリハリがきいています。少しずつ力がついてきて、日々のトレーニングにも余裕が出てきているからでしょう。飼食いは良好ですし、脚元も丈夫。今のところ何も不安はありません。入厩に向けての準備は整いつつあります。」


◆チェルキオ(グレーストスカーナ2019)

カナイシスタッド在厩

患部の状態はすっかり良くなり、今週は屋内馬場でダク2000m、キャンター2000mの調教のほかに、坂路コースを使用しながら進めています。「少し休んだので、全体的に緩んでいますね。最近口を堅くするのでちょっと修正しながら乗り込んでいきます。まだまだ良くなると思うのでじっくり行きます」と担当者。



◆オースピシャス(クラリティーエス2019)

フォレストヒル在厩

小崎調教師「今週の月曜日に馬を見に行ってきました。以前見た時よりも、幾分か背が伸びている印象。馬体重は月曜計測で458㌔でした。こちらの環境に慣れてきており、落ち着いている点にも好感が持てます。ただ、まだ体力が不足していますし、体つきにもっとボリュームが出てきてほしいところです。入厩やデビューのタイミングなどは、今後の調整の進み具合を確かめつつの判断になりますが、現時点では成長を促しながら、じっくりと育てていく方がいいタイプかなと思っています。」


◆ラートリー(ベストレート2019)

グランデファーム在厩

中間も至って順調で、今週も引き続き坂路コースと1600mトラックコースを併用しながらしっかりと乗り込まれています。所々物見など敏感なところがあるものの、幼さは徐々に抜けてきており、調教に対しても前向きに取り組めています。飼葉もしっかりと食べることが出来ており、徐々に体もふっくらとしてきました。


◆デアノヴァ(ヴァーチュスター2019)

カナイシスタッド在厩

今週も引き続き坂路コースと1600mトラックコースを併用しながらしっかりと乗り込まれています。「安定して走れています。速いところをやっても問題ないですし、しっかりと動けています。少しずつ身が入ってきているし、体も良くなってきました。もっと成長すると思うので楽しみですね」と担当者。


     

近況写真・動画につきまして、撮影済のものは「MOVIES」「PHOTOS」にてご確認いただけます。